代表者からのご挨拶

株式会社ペリド 代表取締役CEO
Roni Xu(ロニ ジョー)

2013年、オックスフォード大学大学院修士課程(哲学)卒。
2014年、楽天株式会社に入社。企画部にて予算管理とインテリジェンスチームの一員として国内&越境EC企画業務を担当。
2016年、株式会社Origamiに入社。資金調達、PR業務、及び事業開発を担当。
2019年、株式会社セルビーへ、デジタル化推進担当取締役として入社。同年株式会社ペリドを設立し、CEOに就任。

平素はPERIDOTへの格別のご支援、お引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

PERIDOTは、世界中のプロのバイヤーをジュエリー、宝石、貴金属、高級時計の「信頼できる」サプライヤーにつなぐプラットフォームを提供し、ジュエラーのために、ジュエラーによって作成されましたB2Bオンラインマーケットプレイスでございます。

私たちのビジョンは、宝飾業界の慣習や慣行に沿ったグローバルな取引を容易にするツールを構築することで、この古い歴史を持つ宝飾業界をイノベージョンの最前線に引き上げることです。世界中の宝飾品の売買・調達のためのナンバーワン・プラットフォームを目指し、従来の業界の価値観をキープしながら、ビジネスを円滑にするために、サプライチェーンのあらゆる側面をデジタル化し、統合したいと考えています。

また、私たちは、ジュエリー業界を輝かしい人材のためのエキサイティングなキャリアパスにしたいと考えています。結局のところ、ジュエリー業界は世界で最も価値のある商品を扱っていますので、私たちのイノベーションは、他の業界の商品の取り扱いにどのように影響を与えることができるか、無限の可能性があると信じています。

引き続き、一層のご指導、ご支援を賜りますよう、何卒、お願い申し上げます。

会社概要

商号 株式会社ペリド
本社住所 東京都台東区台東3-41-4
設立 2019年6月28日
代表取締役 Roni Xu(ロニ ジョー)
主な事業 宝飾品業界グローバルB2Bマーケットプレイス「PERIDOT(ペリド)」の開発と運営
法人番号 1010501044329
取引銀行 りそな銀行 秋葉原支店

MISSION

PERIDOTは、世界のジュエラーが最も便利で信頼できる、デジタルプラットフォームを提供します​

MISSION

PERIDOTは、世界のジュエラーが最も便利で信頼できる、デジタルプラットフォームを提供します​

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。名高い桟も、

VISION

VALUE

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。名高い桟も、

役員

木代 哲朗

早稲田大学法学部卒業。
1975年、株式会社三貴入社。海外生産・調達部門、商品企画部門、販促部門、小売部門責任者を歴任。その後大手ボランタリーチェーン本部、大手リサイクル企業にて経営に携わる。
2015年、株式会社セルビー入社。取締役会長就任。現在に至る。
2019年、株式会社ペリド設立に参画。取締役に就任。

松谷 稔哉

同志社大学文学部文化学科文化史専攻中退。
印刷会社、広告代理店、学習塾、書店勤務等を経て、株式会社三貴に入社。店舗、デザイン室、宝石商品企画にて勤務。
1993年、御徒町において、ダイヤモンドルース卸会社を共同で設立。
2001年、有限会社セルビー設立、取締役社長に就任。株式会社セルビーへ変更後、代表取締役社長に就任。
2019年、株式会社ペリド設立に参画。取締役に就任。

役員

木代 哲朗

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。名高い桟も、

松谷 稔哉

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。名高い桟も、

顧問

株式会社xxxxx
山田 太郎
株式会社xxxxx
山田 太郎

推薦人

株式会社xxxxx 代表取締役 山田太郎
株式会社xxxxx 代表取締役 山田太郎
株式会社xxxxx 代表取締役 山田太郎
株式会社xxxxx 代表取締役 山田太郎
株式会社xxxxx 代表取締役 山田太郎